肝臓の数値をしっかり抑えよう【お酒飲み過ぎ注意報発令】

青空と男性

糖尿病にかかりにくくする

栄養補助食品

健康診断で注意したい項目

糖尿病と大きな関わりがあるのがヘモグロビンa1cで、健康診断でこの数値が高いと、それだけ糖尿病にかかるリスクが高まってしまいます。血液の赤い成分がヘモグロビンで、これにグルコースという血糖がくっ付いたのがヘモグロビンa1cです。この数値は糖尿病かどうかの検査にも用いられていて、約1、2ヶ月前の血糖の状態を知ることができます。つまり、健康診断などでヘモグロビンa1cの値が高かった場合には、その1、2ヶ月前には血糖値が高かったわけですから、生活に変化がない場合には糖尿病になりやすいとも言えます。この値を下げるには、食事などの生活習慣を改善しながら、効果のあるサプリメントなどを取り入れるのがおすすめです。

有効成分を取り入れる

ヘモグロビンa1cが高い場合の改善方法としては、基本的には血糖値を下げる方違法と同様のものが効果的です。最近はサプリメントなども多数出ていますから、活用していくと良いでしょう。有効成分として期待できるのがDHAとEPAです。青魚の脂に含まれている脂肪酸で、中性脂肪やコレステロールを減らす効果があります。また、血行を良くして血液サラサラ効果をもたらしてくれますから、糖尿病予防から、生活習慣病の予防など、幅広い健康効果があります。最近注目されているのがナットウキナーゼという、納豆に含まれている酵素です。血栓などを溶かす作用を持っていて、血圧を下げたり糖尿病予防にも効果的です。これらの成分はどれも血糖値が高めの方には役立ちますから、サプリメントなどで取り入れていきましょう。

Copyright© 2015 肝臓の数値をしっかり抑えよう【お酒飲み過ぎ注意報発令】All Rights Reserved.